ドライヘッドスパでジェルは使う? - 丸わかりドライヘッドスパ

menu
HOME » 丸わかり » ドライヘッドスパでジェルは使う?

ドライヘッドスパでジェルは使う?

ドライヘッドスパは基本無水マッサージ
今話題の「脳の癒し」を体験できるドライヘッドスパ。
この施術で使用するのは、マッサージ師の指とバスタオルだけです。
基本的に、ドライヘッドスパは、水もオイルも使いません。
あんまと同じ感じで頭のコリをほぐしていきます。

・ジェルヘッドスパについて
ドライヘッドスパは、無水で施術しますが、お店によってはハーブジェルなどを使用してマッサージをするところもあります
このジェルは、保湿成分が多く配合されたもので、頭皮と髪の毛の乾燥を防いでフケやかゆみの発生を抑えます。
どちらかというと最近では、ジェルを使ったドライヘッドスパのお店の方が多いかもしれません。

・ジェルのアロマ成分
ジェルに使われているアロマ成分は、フローラルな香りがするラベンダーや、爽やかな柑橘系の香りがするシトラス、施術後の爽快感をUPさせるメントールなど様々なアロマ成分が配合されています。
お客さんのお好みの香りのジェルを選ぶことができ、施術後もその香りがリラックス効果を持続させてくれます。

・ドライヘッドスパで使われるジェルの保湿成分
ドライヘッドスパで使用されるジェルの保湿成分には、いくつかの材料が配合されています。
まず、一番多く含まれているのが、ヒアルロン酸Naです。
この成分は高い保水力で頭皮や髪の毛に潤いを与えます。
アラントインという植物から抽出される成分には、肌荒れを防ぐ作用が期待でき、頭皮が荒れてフケが発生するのを防いでくれます。
あと、髪と地肌の健康を保つ、パンテノールという成分を配合したジェルもあります。
お店が使っているジェルによって、配合されている成分が違いますが、特に多く使われているジェルの配合成分は、概ねこのような内容です。

・髪の毛の保湿にも効果的
ヘッドスパに使用するジェルは、頭皮ケアだけではなく傷んだ髪の毛のケアにも有効です。
枝毛やパサつきが気になっている人は、ジェルを使用するお店を探して利用するといいでしょう。