ドライヘッドスパを自分でやるには? - 丸わかりドライヘッドスパ

menu
HOME » 丸わかり » ドライヘッドスパを自分でやるには?

ドライヘッドスパを自分でやるには?

・ドライヘッドスパを自分でやる方法
ドライヘッドスパは、2人居れば自分たちでもそれなりの形でやることができます。
ただ、頭をマッサージするわけですから、安全に配慮しておく必要があります。
そのためには、実際にお店に行って
ドライヘッドスパを体験してみたほうがいいでしょう。


・ドライヘッドスパのコツ
自宅でドライヘッドスパをやる場合は、気持ちいいと感じるポイントを押さえておくことが大事です。
例えば前頭筋は、オデコ周辺にある筋肉ですが、こめかみや目の周辺の筋肉とも繋がっているため、入念にマッサージをすることで、全体のコリをほぐすことができます。
また後頭部から首筋にかけての筋肉は、肩こりを緩和させるツボですので、優しくマッサージをするといでしょう。

・保湿ジェルを用意する
頭皮や髪の毛の保水力を高めるジェルが市販されていますので、そちらを用意してマッサージの時に使ってみると良いでしょう。
ミントやラベンダーなどのアロマ成分も配合されていますので、清々しい気分になります。
フケの多い人でも症状の改善に保湿ジェルはおすすめです。

・ドライヘッドスパの資格
ドライヘッドスパは、それをビジネスにする場合だと、資格を取得したほうがいいです。
ドライヘッドスパの資格は、ヘッドマイスターと呼ばれる民間資格で、最近これを取得して開業をする人が増えてきているようです。
技術的なことや理論的なことを教えてくれる講座を受講して、実技審査等をクリアすれば、誰でも取得できる資格ですので、チャレンジしてみるのも良いでしょう。

・ドライヘッドスパのお店を開業する
ドライヘッドスパのお店を自分で開業する場合は、施術をおこなう店舗空間とその他機材が必要になります。
一般的なマッサージエステと比べて、用意しなければならない道具が少なく、低予算で開業できるため、初めてこういったマッサージ系の仕事をしようと考えている人には、とてもおすすめです。
ただ、最近は競合が増えてきつつあるので、事前リサーチは徹底しないといけません。